グランドコンシェルジュ日本橋水天宮 STAGE FIRST OMORIMACHI

資料請求はコチラ
お問い合わせはこちら

構造 construction

STRUCTURE

建物としての堅牢さやクオリティ向上の追求。

耐震基礎構造

内装

地震に強い建物を造るため、安全性の高い地盤を確保し、強固な杭で建物を支える杭基礎を採用しています。また、場所打ちコンクリート杭を固い支持層までしっかり打ち込むことにより、堅固な基礎構造を実現しています。

ダブル配筋

内装

主要な壁や床の鉄筋には、コンクリート中の鉄筋が二重のダブル配筋を採用し、耐久性を確保しました。

閉鎖型フープ構造

内装

躯体柱には、継ぎ目をあらかじめ工場で溶接した帯筋を使用する「閉鎖型フー プ構造」を採用し、形状バランスや靭性を強化しました。震災時のせん断破壊にも強く、被害をより小さく抑えます。

省エネにも繋がる快適なフリーフロア

内装

フロア部分には床下に空気層を設けた置床式構造。スラブの熱や冷えが直に伝わらず、冷暖房の省エネルギーにも役立ちます。

防音性の高いセミエアタイトサッシ(T-2)

内装

洋室には防音性の高いセミエアタイトサッシを採用することで窓の外からの騒音を抑え、また住戸内からの音漏れも抑制し、より快適な居住空間を保ちます。

耐震枠

内装

震災時、建物のゆがみによる扉の閉じ込みのないよう、ドア枠と扉の間に隙間を設けた耐震枠を採用。万一の際に玄関扉から避難しやすいよう配慮しました。

樹脂管財

内装

給水・給湯管には耐久性に優れ、赤水の心配もない樹脂管を採用。メンテナンスにも優れています。

防犯合わせガラス

内装

ハンマーや投石などによる窓ガラスの破壊を困難にする防犯合わせガラスを採用しました。
※2Fのみ

バルコニー床にノンスリップシートを採用

内装

バルコニーには、滑りにくく耐水性に優れたノンスリップシートを採用しました。足音の反響も和らげます。

耐震ラッチ

内装

震災時に吊戸棚の中身が飛び出さないように、大きな地震を感知すると扉をロックする耐震ラッチを設置しました。